お箸作り

竹が手に入りました。

DSCN1900.jpg


底のある竹は、筆立てにするので、皮を削ぎ落としました。こうしておくと、ひびが入りません。
手前のものは、20年ぐらい前に作ったもので、これはバーナーで焼いて仕上げています。

DSCN1945.jpg



1個は、ナタで割って、お箸にします。
節のないところを使えば削りやすいのですが、あえて節のある部分を使います。

DSCN1904.jpg


小刀で、少しずつ削っていきます。

DSCN1908.jpg


だいたいの形まで削ったら、電子レンジで数十秒加熱して、油分と汚れを拭き取ります。
加熱することにより、乾燥と殺菌の効果もあります。
最後にきちんと削って仕上げます。

天婦羅用の菜箸(全長30cm)の完成です。

DSCN1924.jpg


ついでに、バンブーギター製作で切り落とした不要な部分でキーホルダーを作りました。

DSCN1933.jpg



次の日、お箸をもう一膳作りました。これは、皮をほとんど残さずに、角を丸めて仕上げました。
前日に作ったお箸(下)は色が褪せてきています。わずか1日で、こんなに色が変わります。

DSCN1946.jpg


バンブーのキーホルダーは、ニスを塗って金具をつけて完成。
左は新たに作った寄木のキーホルダーです。
クラフトハウスヤスマの安間邦昭さんから頂いた端材で作りました。
いったん作り出すと、つい、いろいろ作りたくなってしまいます。

DSCN1950.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へぇ~~!
竹箸って、こうやって作るんですね☆☆

削って作成・・たのしそう♪

anegoさん

皮を残さずに丸く削る方法もありますが、皮を残した方が反りが少ないようです。それに、皮の部分があった方が味があると思います。

楽しいですよ。小刀で削っていると無心になれます。
anegoさん、やってみませんか。



黒木の山奥まで足を運んでいただけるなら いくらでも 竹をお渡しする事ができますよ~

自分も何か作ってみようかな♪

タクさん

ありがとうございます。
竹が必要なときは連絡しますので、よろしくお願いします。

アスパラの忙しくない時期は「ものづくり」をするっていうのはどうですか。
竹でも木でも、いっぱいあると思うので、アクセサリーづくりとかいかがでしょう。

お久しぶりです

ふくっちさん

こんばんは。kotuboです。

竹で作ったお箸いいですね~

こういった竹の器でそうめんを食べるお店を知っています。

とても風情があって、より美味しく感じましたよ!


いつか、作られるのを楽しみにしておりますv-290

kotuboちゃん

コメントありがとう。

木工教室を開催しますので、遊びに来てください。

手作りの良さというのは、こういうものがあったらいいなと思うものを自分で作って、生活の中で役立てられることだと思います。

何か、作りたいものはありませんか?

訪問者数
プロフィール

ふくっち

Author:ふくっち
久留米 ハッピープレイス

遊びに来ませんか?
第2・4日曜日
10:00~16:00 
音楽・工作・遊び

※2017年度は料理やおやつ作りは行いません。お弁当を持参してください。

〒839-0852
福岡県久留米市高良内町767-3
090-5740-2318
to.fukutch@gmail.com
福井智昭

マイリンク集
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブログリンク
アルバム
最新コメント
管理画面