木でつくってあそぼう / 大日本図書

子どもたのしいかがく 木でつくってあそぼう

発行日:1997年3月10日
文  :福井智昭
絵  :河口峰子
発行所:大日本図書株式会社
定価 :1339円


ref=dp_image_0_20120125102306.jpg



DSCN1980.jpg
もくじ


DSCN1981.jpg
ふね


DSCN1982.jpg
カヌー



あとがき

 釘を打つと、板がパリンと割れてしまうことがあります。小刀で削っていると、木にくいこんで、うまく削れないこともあります。のこぎりを手にしても、どうしても、うまく切れないということがあるかもしれません。木の性質を無視したり、道具の使い方が適切でなかったりするために、このようなことが起こります。
 木でつくったものは、乾燥によって、ひびがはいったり、変形したりすることがあります。湿気によって腐ってしまうという困ったことも起こります。木は自然素材であるために、人工的につくられたものにはない個性を持っているからです。しかし、これらの負の個性は、考え方によっては長所となります。例えば、木が腐ってしまうという短所も、合成樹脂のような廃棄物にならないという点からは、素晴らしい長所と考えられるのです。
 人々は昔から、木とじょうずにつきあってきました。木材の基本的な性質から、樹種による性質のちがいまで、伝承と経験による知恵をもとに、さまざまな用途に利用してきたのです。猟具や農機具・住居・台所用品・家具・・・・・・。
 ところが、近年、おとなでも、木を用いて何かを手づくりするような機会が少なくなり、子どもたちも、木に触れる体験をしなくなってきたようです。木の工作を通して、木という素材に出会わせ、木のよさに気づかせ、その性質を科学的に認識させたいものだと思っています。
 本書には、できるだけ簡単な内容のものを集めてみましたが、実際には、おとなの方の手だすけが必要です。「ここを切りたい」と、子どもが言ったとき、のこぎりの使い方を教えてあげてください。手を出しすぎずに、見まもりながら、子どもたちにたのしい発見と感動を体験させていただければ幸いです。

生きることの美しさ

久留米大学公開講座11 生きることの美しさ

1997年3月30日発行
編 者 野中共平
    的場恒孝
発行者 福本満治
発行所 石風社


久留米大学医学部教授の山下文雄氏から招待され、1996年10月に大学の公開講座でお話をしました。
そして、その年の8回分の講座内容をまとめて年度末に出版されたのがこの本です。
自分が執筆したページの原稿を、ここに紹介させていただきます。

※文章は、出版時と全く同じではなく、表記上の間違いなどについて修正を加えています。
※掲載写真を紛失したため、他の写真で代用しています。また、本より多くの写真を掲載しました。



遊びの環境「どんぐり倶楽部」の例から / 福井智昭


一 はじめに

二 今の子どもの不器用さ

三 木工を通して

四 木工のできる遊び場「どんぐり倶楽部」

五 遊びに必要な「人の環境」

六 「楽しかったなあ」と思える子ども時代を




☆どんぐり倶楽部 95~97ごろの様子です。写真でご覧ください。


訪問者数
プロフィール

ふくっち

Author:ふくっち
久留米 ハッピープレイス

遊びに来ませんか?
第2・4日曜日
10:00~16:00 
音楽・工作・遊び

※2017年度は料理やおやつ作りは行いません。お弁当を持参してください。

〒839-0852
福岡県久留米市高良内町767-3
090-5740-2318
to.fukutch@gmail.com
福井智昭

マイリンク集
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブログリンク
アルバム
最新コメント
管理画面