木でつくってあそぼう / 大日本図書

子どもたのしいかがく 木でつくってあそぼう

発行日:1997年3月10日
文  :福井智昭
絵  :河口峰子
発行所:大日本図書株式会社
定価 :1339円


ref=dp_image_0_20120125102306.jpg



DSCN1980.jpg
もくじ


DSCN1981.jpg
ふね


DSCN1982.jpg
カヌー



あとがき

 釘を打つと、板がパリンと割れてしまうことがあります。小刀で削っていると、木にくいこんで、うまく削れないこともあります。のこぎりを手にしても、どうしても、うまく切れないということがあるかもしれません。木の性質を無視したり、道具の使い方が適切でなかったりするために、このようなことが起こります。
 木でつくったものは、乾燥によって、ひびがはいったり、変形したりすることがあります。湿気によって腐ってしまうという困ったことも起こります。木は自然素材であるために、人工的につくられたものにはない個性を持っているからです。しかし、これらの負の個性は、考え方によっては長所となります。例えば、木が腐ってしまうという短所も、合成樹脂のような廃棄物にならないという点からは、素晴らしい長所と考えられるのです。
 人々は昔から、木とじょうずにつきあってきました。木材の基本的な性質から、樹種による性質のちがいまで、伝承と経験による知恵をもとに、さまざまな用途に利用してきたのです。猟具や農機具・住居・台所用品・家具・・・・・・。
 ところが、近年、おとなでも、木を用いて何かを手づくりするような機会が少なくなり、子どもたちも、木に触れる体験をしなくなってきたようです。木の工作を通して、木という素材に出会わせ、木のよさに気づかせ、その性質を科学的に認識させたいものだと思っています。
 本書には、できるだけ簡単な内容のものを集めてみましたが、実際には、おとなの方の手だすけが必要です。「ここを切りたい」と、子どもが言ったとき、のこぎりの使い方を教えてあげてください。手を出しすぎずに、見まもりながら、子どもたちにたのしい発見と感動を体験させていただければ幸いです。

生きることの美しさ

久留米大学公開講座11 生きることの美しさ

1997年3月30日発行
編 者 野中共平
    的場恒孝
発行者 福本満治
発行所 石風社


久留米大学医学部教授の山下文雄氏から招待され、1996年10月に大学の公開講座でお話をしました。
そして、その年の8回分の講座内容をまとめて年度末に出版されたのがこの本です。
自分が執筆したページの原稿を、ここに紹介させていただきます。

※文章は、出版時と全く同じではなく、表記上の間違いなどについて修正を加えています。
※掲載写真を紛失したため、他の写真で代用しています。また、本より多くの写真を掲載しました。



遊びの環境「どんぐり倶楽部」の例から / 福井智昭


一 はじめに

二 今の子どもの不器用さ

三 木工を通して

四 木工のできる遊び場「どんぐり倶楽部」

五 遊びに必要な「人の環境」

六 「楽しかったなあ」と思える子ども時代を




☆どんぐり倶楽部 95~97ごろの様子です。写真でご覧ください。


子どもの遊びを支援するために

平成六年度(1994年度)
第2回 わたしのまちづくり論文集 / 久留米市まちづくり振興室


特選 子どもの遊びを支援するために
                             福井智昭 37才

 近年、子どもたちが不器用になってきたと言われる。私は、小学校に勤務していることから、実際に子どもたちの、そういう実態に直面することも多く、そして、それらの現実に少なからず驚いている。
 小学校中学年で、鉛筆が削れないのはもちろん、はさみの使い方がおかしい。ひもが結べなかったりほどけなかったり。掃除をしている姿を見ていると、雑巾をたたんでしぼっているし、ほうきでごみを自分の左右に散らしている。おそらく、リンゴの皮をむけないだろうし、卵も割れないだろう。転んだとき、手が出ず顔をけがしてしまう。信じられないような些細なことが原因で骨折する。このような、子どもたちの現状を見ていると、人類は、これからだいじょうぶなのだろうかという危機感さえ覚えるのである。

 いったい、なぜ、このようなことが起こってきているのだろうか。それは、鉛筆が削れないことを例にあげるならば、実は削れないのではなく、そういう経験をする機会を与えられていないからなのだ。言いかえれば、私たち大人が、子どもの発達にとって大切な経験を与えていないのである。
 小学校中学年の子どもたちに小刀を持たせ、鉛筆を削らせてみると、最初は、もちろんうまくは削れない。力の調節ができずに、削りすぎてしまったり、慎重になりすぎてなかなか削れなかったり。しかし、時々やらせているうちに、簡単にできるようになるのである。
「危ないからやらせない」という、消極的な安全教育の結果が、今日の子どもの不器用さを招いたのかもしれないと感じる。学力偏重の姿勢が、体験という大切な学習をおろそかにさせたのかもしれないとも思う。
 コンピュータゲームが、子どもたちから実体験を奪ったというのは言いすぎだろうか。しかし、実際に体験できないことも、画面の中で簡単に体験できるのである。そして、そこには、めんどうな活動も労働もなく、わずらわしい人との関わりも必要ないのである。


一 冒険遊び場設立企画書 主旨


二 遊びの内容


三 立地と施設


四 スタッフ(プレーリーダー)


五 設立と運営にあたって


六 おわりに



※まだ、文章がありません。時間のある時に、少しずつアップします。









山の木でつくる / 大月書店

子どもとつくる シリーズ39 山の木でつくる

発行日:1994年7月15日
著者 :福井智昭
発行所:株式会社 大月書店
定価 :1680円


IMG_0093 (2)
表紙


はじめに

「山に落ちている木の枝なんて、虫たちがはい出してきそうだし、ボロボロで、きたなくていやだ」
 そんなイメージがあるとしたら、それは誤解です。よい材料を選んで、きちんと加工すれば、美しい実用的なものに仕上がります。お店で売っている板も、もとはと言えば山の木なのです。
 お店で、お金を払って買う一枚の板は、どこかの大木から加工されたものだということはいうまでもありません。なにかをつくるとき、山で拾った木でつくればサイフの中身が減らずにすむだけでなく、どこかの大木も減りません。
 まず、簡単なものをつくって、生活のなかにとりいれてみてください。これまでお金を払って買っていたものが、これからは何でも自分でつくれそうな気分になってくることでしょう。そうして、食卓に、子ども部屋にと、あなたのまわりに木のものが増えていくことになるかもしれません。

――― 中略 ―――

 私は,子どもたちにもっと手先を使う機会を与えたいと、いつも思っています。最近は、何でもおとながお膳立てをして、手助けしてやることが多すぎると感じます。
 できるだけたくさんの作例を掲載しましたので、子どもだけでできそうなものは、子どもにまかせてやらせてみてください。親は親で、難しいものに挑戦してみてください。それぞれの技能に合ったものを、楽しみながらいっしょにつくれば、親と子のすてきな時間が持てることと思います。
 本書の作例が手がかりになり、さらにイメージ豊かな作品が生まれることを願っています。


IMG_0094.jpg
器やキャンドルスタンドなどの作例


IMG_0093_20120116092651.jpg
ハンガーや壁飾り


もくじ

Ⅰ 材料を集めよう
Ⅱ 加工方法
Ⅲ つくってみよう
Ⅳ チャレンジしよう

IMGP0028.jpg
Ⅲ つくってみよう ナイフ・フォークのページ


IMG_0008.jpg
庭で


IMG_0003.jpg
山の中で


訪問者数
プロフィール

ふくっち

Author:ふくっち
久留米 ハッピープレイス

遊びに来ませんか?
第2・4日曜日
10:00~16:00 
音楽・工作・遊び

※2017年度は料理やおやつ作りは行いません。お弁当を持参してください。

〒839-0852
福岡県久留米市高良内町767-3
090-5740-2318
to.fukutch@gmail.com
福井智昭

マイリンク集
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
ブログリンク
アルバム
最新コメント
管理画面